登山の服装には基本があります

登山の服装には基本があります

登山はレイヤリング(重ね着)が基本です。重ね着によって温度調節を行い、ウェアの性能をトータルで効果を出していきます。

標高が100m上がるごとに気温は0.6℃ほど低くなり、風速が1m/s増すごとに体感温度(リンケ体感温度)は約1℃づつ低くなると言われています。標高1000mの低山でも登山口で10℃ならば頂上は6℃くらい、ということで一段と寒くなります。

寒さからくる低体温症は非常に危険です。レイヤリングでしっかり防寒対策をして山に行きましょう。


登山の服装の基本

  • ベースレイヤー(肌着、下着)
  • ミドルレイヤー(行動着、中間着)
  • アウターレイヤー(レインウェア)
  • パンツ、スカート
  • 帽子
  • 手袋

中でもベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤーの重ね着(レイヤリング)が基本中の基本となります。これらは季節や行く山の高さ、登山スタイルによって組み合わせが異なり、調節しながら着用することになります。

夏山登山の場合は半袖の化繊系アンダーウェアにポリエステル系の長袖シャツを着るのがおすすめです。但しザックの中にフリースと雨具は必ず入れておきましょう。

それぞれのレイヤーについて詳しく登山用品
を説明しましょう。


ベースレイヤー(肌着、下着)

登山はたくさんの汗をかきます。汗を素早く吸収して肌を常にドライな状態に保ち、汗による冷えを防ぐことがベースレイヤーの目的です。

ミドルレイヤーの下に速乾性のある高機能アンダイウェアを着用します。

化繊系アンダーウェア:通気性や速乾性が優れています。素材はポリエステル、できれば登山ウェア専門メーカーの化繊系アンダーウェアが吸水性がよい。

ウール・化繊混紡系アンダーウェア:ウールが混紡されたアンダーウェアで100%化繊系より保温性がよい。冬山登山向きで夏場には不向きです。

コンプレッション系アンダーウェア:肌に密着して部分的に圧力をかけた機能性のある造りになっています。筋肉の疲れの軽減やスタミナやパワーを高めるのに効果があります。但し汗が乾きにくい欠点があります。


ミドルレイヤー(行動着、中間着)

ベースレイヤーとアウターの中間に着ます。登山はとにかくよく汗をかきますので素早く乾き、又行動し易いウェアでなければなりません。暑くなったら首元を開けて温度調節ができるシャツがおすすめです。紫外線対策や寒さ防止、虫差され防止のために長袖がよいでしょう。寒くなってきたら上にはおる、薄での保温着が1枚あると便利です。(ベストでもよい)

ポリエステルシャツ:吸水性が高い。

フリース系ミドルウェア:吸水性や湿気を拡散させる機能がある。もっともポピュラーなウェアです。アウターとしても1年を通じて着ることのできる、汎用性の高いミッドウェアです。

ダウン系ミドルウェア:フリースに代わるウェア。最近はさらに軽量化されて小さく畳むことができる。アウターとしても使用可能です。


アウターレイヤー(レインウェア)

防水、防風に特化した登山服でミドルウェアの上に着ます。雨の日はレインウェアがアウターとなります。登山はたとえ晴れていても山では天候が急変することが多いので上下セットのレインウェアは必須アイテムです。肌寒ければウインドブレーカーとしても使用可能です。山で体を濡らすことは低体温症につながり大変危険です。行動中の汗がスムースに外に排出されるよう透湿性の高い、また防水性のあるアウター、レインウェアを選びましょう。

ハードシェルジャケット:ゴアテックスなどの防水素材が使われ、完全防水仕様となっているものをハードシェルといいます。水の浸入を防ぐため縫い目がテープで処理されています。

ソフトシェルジャケット:ハードシェルよりは防水性が劣るが防水、防風機能は十分あり、着やすく、動き易い。


登山パンツの選び方

丈夫で、軽く、動き易く、撥水性のあるものを選ぶようにしましょう。必ず試着して動き易いかどうか屈伸運動などして確認しましょう。


今回のまとめ

  • 登山の服装には基本があります
  • 登山の服装の基本
  • ベースレイヤー(肌着、下着)
  • ミドルレイヤー(行動着、中間着)
  • アウターレイヤー(レインウェア)
  • 登山パンツの選び方
スポンサーリンク