便利でおすすめな登山用温度計

そもそも 温度計 って 登山 で必要なのか?

山の装備の基本リストの中には大体入っていません。

あった方がいい持ち物のリストの中に時々見かけます。

靴やザック、レインウエアなどと違って少々影の薄い存在です。

どうしても必要な山の装備品ではないと思っている人が多いです。

しかし、温度計があることによって、もう1つ山の楽しみ方があります。

一度温度計を持って山に行く事を おすすめ します。

今まで知らなかった別の楽しみ方、使い方があるのです。


便利でおすすめな登山用温度計

登山用の温度計は色々なタイプのものが売られていますが腕時計式のものは体温の影響を受けて、実際の温度と異なる数値が出ますので、おすすめできません。

モンベルのモンベル(mont-bell) MBSUNサーモコンパス ブルー BL 1827632ならザックにぶら下げておけます。


温度計がないと分からない気温と体感温度

標高が上がると気温が下がるのは当然みなさん承知しています。

100m上がるごとに0.6℃下がるという法則(気温減率)です。

標高2000mくらいの山に行った時に温度計を持って行って、登山口の気温と頂上での気温を測ってみてください。大体この法則は合っています。

もう少し精度を上げようと思ったら湿度、風速の値も勘案すればかなり正確に計測できます。

この気温減率という法則は空気の湿度によって異なる性質があります。

大気が乾燥しているときの気温減率は標高が100m上がるごとに1℃の気温変化があります。

大気が湿っているときの気温減率は標高が100m上がるごとに0.5℃の気温変化があります。

このことから、空気の乾燥が予想されるときは、平均的な気温減率(0.6)で予想したときよりもさらに気温が下がります。

このようにして山の大気温度は、出かける前に1度計測すれば、あるいは登山口での大気温度がわかれば、頂上での大気温度を予測することができます。

大気温度が分かるだけでも、何を着ていけばいいのか、レイヤー(重ね着)の種類はどうするかなどが大体予測がつきます。

この大気温度よりもっと使い勝手のいい指数が体感温度です。

外気温が30℃あれば普通は暑く感じますが、風は吹いていると、外気温が30℃あるにも関わらず体に感じる温度はかなり低いと感じる場合があります。

これが体感温度です。厳寒の冬山で外気温がマイナス10℃と温度計が示していても、体に感じる体感温度はマイナス20℃にもなる場合はよくあります。

体感温度に関係してくる要素は風です。風速が1m上がるごとに体感温度は1℃下がります。

体感温度は山に行くときの服装をどうするかの、大事な目安となります。


体感温度は装備の参考になる

登山をしていて一旦休憩すると、あっという間に体温が下がってきます。

特に頂上では温度計の実測値より体感温度の方が重要です。気温が高くても風が強いと体感温度はかなり低くなります。

早めの重ね着が必要となります。

但し傾向としてかなり暑いと風があっても体感温度はあまり下がらりませんが、寒いと体感温度は急激に下がる場合があります。

温度計で温度を計測して体感温度がでます。これを登山の服装とリンクさせて、適切に服装を整える。これが温度測定をする大きな目的の1つです。


体感温度を服装にリンクさせる

体感温度の標準値により具体的な衣類の種類を限定することはできません。何故なら体感温度はあっても、その温度に対しての服装の選択は人によって大きく異なるからです。

従って、それぞれの人がそれぞれの人なりに山服を決める際の目安として体感温度を使用する必要があります。

例えば、山の服装の基本は肌着(アンダー)+中間着(ミッド)+外着(アウター)ですが真夏の2000m、3000mの山の頂上の体感温度を予測して

  • アンダーに半そでの肌着
  • ミッドに薄手の長袖ボタンシャツ
  • アウターにレインウェアー(ザックの中)

そしてミッドの予備として薄手のフリースを準備する。このフリースを持っていくかどうかは体感温度を参考にします。

春の低山の場合、選択肢が体感温度により色々ありますが、1つの選択としは

  • アンダーに長袖の保温力のある肌着
  • ミッドに長袖の薄手のフリース
  • アウターにレインウェア

そして予備としてミッド用にインナーダウンを持っていく。低山であっても風が予測されて体感温度が低そうならインナーダウンが有効です。

春、秋の高山(2000m級)の場合も1つの参考として

  1. アンダーに長袖のフィットシャツ
  2. ミッドにウールのジップネック
  3. アウターにソフトシェルジャケット

そしてザックの中にレインウエア、温度調整用としてミッドにインナーダウンを持っていく。

自分なりの目安を持っていれば迷うことなく、服装の選択が素早くできます。

スポンサーリンク