登山で手袋は1年中必要です!防水効果も必須です

tozan-tebukuro

登山 に出かける時にうっかり 手袋 をザックに入れ忘れてしまった。

さあ登ろうとした時に手袋がないことに気付いた。

風が冷たく吹き、気温もかなり下がっている。

しまったと思ったが既に遅し、手がかじかんでとても外に出しておれないから仕方なくポケットに手を突っ込んで登り始めた。

こんな経験はありませんか。

手袋いわゆるグローブは寒い時には必ず必要ですが、ほぼ1年中必要な装備品の1つです。


登山で手袋は1年中必要です!防水効果も必須です

夏山でも防水機能は重要です

グローブ(手袋)の目的

グローブには色々な機能が要求されます。

主な目的は手の保護と保温、防水です。

その他にも防寒、日焼け防止、トレッキングポールのグリップ力、スマホ対策等です。

怪我の防止

登山中、頭や身体、足は防止、衣服、登山靴などで保護されていますが、手首は表面の皮膚が表れているにも関わらず保護されていません。

登山の行動中に手を使う場面で切り傷、擦り傷になり易い部位です。

又、手は山登りには重要な働きをする部位ですから、ケガをしたら行動に支障をきたします。手袋は必ず必要です。

防寒

寒い時に指先がかじかんでいては登山になりません。

指先が使えないと危険な場所もあります。さらに寒くなると凍傷のリスクが高まります。

但し、岩場、鎖場などでは手袋がない方がいい場合があります。

岩場、鎖場、ロープの場所では手の感覚が弱いと危険な場合もあります。

手袋をしていると手の感覚が鈍りますから、こんな場合は外します。


防水機能について

もう1つ重要な機能に防水があります。

折角手の保護と防寒の機能を持った手袋でも、雨に降られて外も中もグショグショになったのでは、保護と防寒の機能が消失してしまいます。

雨に濡れると体感温度が下がります、徐々に指の感覚がなくなってきます。

こうした天候の変化に対応した手袋がゴアテックス社製の防水性能の高い雨用グローブで、これがおすすめですが、最近の製品で完全防水の手袋があります。

この手袋は登山靴でも優れた製品を出しているイタリアのアウトドライ社製のレイングローブです。

このグローブは完全防水です。

30分間水に浸して、水の中で手を動かしても手が濡れることがありません。

さらに伸縮性能も優れています。

ゴアテックスを使用したグローブの防水性も高いですが、このアウトドライ社のグローブの方が優れています。

ブラック S (モンベル) MONT-BELL メンズ OUTDRY レイングローブ 1118361

モンベルアウトドライレイングローブ(6,000円~10,000円)

おすすめの手袋(グローブ)をいくつか紹介します、色々な機能がついています

イスカウェザーテックトレッキンググローブ

イスカ(ISUKA) ウェザーテック トレッキンググローブ ブラック ブラック M

春夏秋用です。

掌の滑り止めついていて、通気性能を高めるために指の間にメッシュ素材が使用され、フィト感やケガの防止、快適性が高められています。

初心者におすすめです。

モンベルウインタートレッキンググローブガメメタル

(モンベル)mont-bell ウインタートレッキンググローブ Men’s 1108664 GM ガンメタル M

秋から冬、春先用です。雪山以外で使用します。

軽くて暖かい、幅広く使えます。

ミズノゴアテックスブレスサーモグラフユニセックス

(ミズノ)Mizuno ゴアテックス ブレスサーモグラブ [UNISEX] A2JY4501 09 ブラック S

冬山用です。

外側はゴアテックス防水、内側は汗の吸収熱を使用して発熱するプレスサーモ繊維が使用されて暖かいです。(12,000円)


3シーズングローブテムレスがおもしろい

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Mサイズ 1双

3シーズングローブテムレスはビニール製ですが抜群の防水透湿機能を持っています。

価格が500円から1,000円です。圧倒的に安い。ビニール手袋の感覚でグリップ力もあります。

耐久性はよくありません。岩場では絶対使わないでください。魅力は防水透湿機能にあります。長時間使用していると蒸れてきます。冬山ではおすすめできません。薄手の手袋をこの手袋の下に着用すれば冬山でも使えるでしょう。ある程度機能があって安さを求めるならこんな商品もおすすめです。

色々探して見るのもおもしろいです。


まとめ

登山で手袋は1年中必要です!防水効果も必須です
夏山でも防水機能は重要です
防水機能について
3シーズングローブテムレスがおもしろい

スポンサーリンク