登山初心者の登山用ザックの選び方

登山初心者の登山用ザックの選び方

登山に行く時に最も大切な装備はザックです。これだけは慎重に選び方の情報をしっかり収集して購入しましょう。安くないアイテムですから後で失敗だったと後悔しないように十分に時間をかけて納得したものを選びましょう。

リュックサック、リュック、ザック(いずれもドイツ語)、バックパック(英語)などの言い方がありますが、全部同じです。


登山ザックの特徴

長時間背負っていても疲れにくく、背負い易いように工夫されています。背面がメッシュになっているものもあり、これは通気性がよく、背中が汗で蒸れるのを軽減します。

登山ザックは重いものを入れても簡単には壊れないよう耐久性の優れた素材が使われています。岩に当たったり、木々で擦れたりしても破れないように丈夫にできています。

登山に合わせた色々な機能を持っています。ザックの奥の方に入ったものも簡単に取り出すことができたり、ポケットがたくさんあり、小物や地図が入れられ、必要なものがすぐに取り出せるように工夫されています。


登山用ザックの購入時のポイント

なるべく軽いもの(下記参照されたし)、重量表示を確認して下さい。実際に背負ってフィット感のよいもの。

バックレングの長さが合っていること、ウエストベルトはちゃんと腰の位置で収まり、チェストベルト、ショルダーハーネスを締めたときに違和感がないこと。

ザック容量は山行きの目的にあったものであること。

小物の収納に必要なポケットはサイドや正面にあること。


女性用ザックの特徴

バックレングスは女性に合わせて小さめです。

ウエストベルトは女性の骨盤に合わせる形となっています。 

ショルダーハーネスは女性の胸のふくらみに当たらない工夫がされています。


ザックの目的別容量の目安

女性日帰り登山:ザック容量25Lから32Lくらいでザック重量800gから1kgくらい。30Lあれば1泊小屋泊まりでも可能。

男性日帰り登山:ザック容量30Lから40Lくらいでザック重量は1.5kg前後。40Lあれば1泊小屋泊まりでも可能。

女性連泊縦走登山:ザック容量62Lから75Lくらいでザック重量は2.2kg前後。

男性連泊縦走登山:ザック容量70Lから100Lくらいでザック重量は2-3kgくらい。80+10Lとか90+10Lというように2室になっているものもある。

冬季用:アイゼン、ピッケル、スノーシャベルなどが収納できる。ザック容量38Lで重量は1.4kgくらい。

日帰りクライミング:アイゼン、ヘルメットの収納ができる。ザック容量30Lで重量は1.2kgくらい。


ザック使用後の手入れ

泥などをブラシで落として、中性洗剤で軽くブラシ洗いする。(ゴシゴシこすらないこと)洗ったら十分陰干しして、最後に撥水スプレーを吹きかけて保管する。


今回のまとめ

  • 登山初心者の登山用ザックの選び方
  • 登山ザックの特徴
  • 登山用ザックの購入時のポイント
  • 女性用ザックの特徴
  • ザックの目的別容量の目安
  • ザック使用後の手入れ

スポンサーリンク