登山靴を買ったら履き方と慣らしの方法をきちんと会得しましょう

登山靴を買ったら履き方と慣らしの方法をきちんと会得しましょう

写真出典

登山で最も重要な装備品は登山靴です。

山の路は平地とは異なり、土道、砂利道、草道、ガレ場、岩場、湿地帯、荒れた道など様々な状況を呈しています。

さらに登山者の体重とザックの重さがまともに負荷として登山靴にかかります。

極めて激しい使い方となっています。

登山靴はこれらの登山道の状況や山特有の天候などを考慮した設計となっており、足の保護を極限まで考えた構造となっています。

その履き心地も毎年進化をしています。

しかしみなさんは登山靴の正しい履き方をしているでしょうか。

正しい履き方をしていないと、靴擦れや捻挫、疲労の原因となります。

また靴を新調した時の慣らしの方法も正しく理解しているでしょうか。

いくつかその基本を上げておきます。

ドクターショール 靴ずれ・まめ保護ジェルパッド かかと用 4枚入


靴に合ったソックスを正しく履くこと

靴とのフィット感はソックスで決まります

ソックスの数ミリの厚みの差で履き心地が変わります。

靴を買う時にソックスも一緒に購入するとおお勧めします。

スポーツ店の店員さんとよく相談して、その靴に合う、自分の足に合うソックスを選んでもらいましょう。

ソックスも種類が豊富ですから最初は店員さんに選んでもらった方が間違いありません。

厚手のソックス1枚にするか、中厚のものを2枚重ねで使うかも相談してみてください。

ソックスの履き方も要注意です。R.Lを間違いないように、そしてシワにならないようにしましょう。


靴の履き方

1.基本中の基本ですが、靴に足を入れる前に靴紐を緩めて、足を入れ易くします。

足を入れたら、カカト合わせをします。つま先を上げてカカトを地面にトントントンと数回叩いてください。

靴のカカトと足のカカトをしっかりフィットさせます。

そしてカカトをフィットさせたまま、前の方から靴紐を締め上げていきます。

足全体を固定していく感じで締め上げていきます。痛いほど締めてはいけません。

2.登りの時の靴紐の締め方は足首が前に出る運動を行いますので一番上まで紐を掛けないで1段余して紐を結びます。足に自由度を与えるわけです。紐が余りますから2重結びにしましょう。

3.足下が不安定な所では一番上段まで紐を掛け、緩く締め上げます。

緩くしたり普通に締めたり調節しながら、自分に合った結び方を試してください。

4.下りは靴の上段までしっかり締め上げます。

足の爪先がどうしても靴の先の方に移動しがちです。足首が緩んで靴擦れの原因となります。

5.下りの際、足がずれて痛いときは靴の許容負荷を超える荷物を背負っていることが原因の場合があります。

そのため靴が必要以上に変形している可能性があります。許容負荷以内の使用が必要です。靴を買う時にはザックの重量と体重も情報としてしっかり店員に伝えましょう。

6.下りの際、足がずれて痛い時、インソールがヘタっていることも考えられます。

インソールとは靴の中敷きのことです。これが古くなって潰れていますと靴のサイズが広がって足がズレます。交換が必要です。


登山靴の慣らしの仕方

買ったばかりの登山靴でいきなり高山登山をする人はいないと思いますが、そんなことをしますと、下手をすると登山口で敗退退却を余儀なくされる場合があります。

登山靴を買う時には当然、店内で時間をかけて、足のフィット感を確かめ、違和感があれば交換したり、ソックスを替えたり、靴紐の調整をしたりします。

それで足と合っているな、と思っても実際に街を履いて歩いてみると違和感を感じる場合もあります。

購入したら慣らしが必ず必要です。ソックスやヒモの調節しながらなるべく多くの時間をかけて慣らし運転をします。

特に革の登山靴の場合は靴自体が重く固いので試着だけではなく心地よいフィット感が得られるまで慣らしを行います。

街の平地での慣らしだけでなく、神社やお寺などの階段を使って上り下りを繰り返す方法法も良い慣らし運転です。

いきなり本番で試すなら近場の比較的低い山で慣らし運転を行いましょう。


今回のまとめ

  • 登山靴を買ったら履き方と慣らしの方法をきちんと会得しましょう
  • 靴に合ったソックスを正しく履くこと
  • 靴の履き方
  • 登山靴の慣らしの仕方

スポンサーリンク