登山するときに便利な道具トレッキングポール

 tozan-dougu

登山 するときに持っていくと便利な 道具 がトレッキングポールです。

ストックとも呼ばれており、山登りする方が良く持っているので見たことがあるアウトドア初心者の方は多いと思います。

登山道を歩く際にバランスを取るため、登りや降りで身体を支えるために使用する登山用具です。


【収納方法】

使わないときはどうするのと思われるでしょうが、トレッキングポールには伸縮自在なものがあります。

これなら使わないときは縮めてリュックなどにしまっておくことが可能です。

登山道を歩いていてバランスを崩した時に膝や脚だけでは支えきれずに転倒してしまうと大きな怪我をしかねないです。


【メリット】

長時間歩くと膝や脚に大きな負担がかかりますが、トレッキングポールがあるとある程度なら膝や脚にかかる負担を軽減してくれます。

登山では登りより降りのほうが膝や脚に負担がかかりやすいです。

トレッキングポールを使用し推進力を付けながら登ると、手の力も加わる分だけ脚力だけより疲れにくいです。


【ポールの素材】

トレッキングポールにはアルミ素材、カーボン素材の主に2種類の素材があります。

アルミ素材よりカーボン素材のほうが軽量ですが、値段はアルミ素材のほうが安いです。

その代わりにアルミ素材は強度に弱い欠点があります。

最近ではそれを補ったジュラルミン素材もあります。


【グリップの種類】

グリップの形状にはI字型とT字型の主に2種類があります。

I字型はトレッキングポールに一番多い形状で、登りや降りの際に力を入れやすいのが特徴です。

登山中にあまりトレッキングポールに頼りすぎると手に力が入らなくなるので注意が必要です。

T字型は握力が弱い方でも握りやすいのが特徴です。

握力の弱い女性や高齢者の方がよく使用されています。

これらの形状から使用しやすいタイプを選んでトレッキングポールを1本を持っていく、2本を持っていくの2つの選択肢があります。

1本のほうが片手が自由になり持ち運びも楽ですが、片手で身体を支えることになるので、ひねって痛めてしまうことがあります。

2本のほうが身体を支えやすく、登り降りするときも楽ですが両手がふさがっている状態です。


【便利な機能】

トレッキングポールは身長などに合わせて調節できる機能が付いています。

使わないときは縮めて収納しやすくなります。

主にスクリュー式とレバー式があり、スクリュー式はカメラの三脚のように回してロックをかけたり外して調節できるタイプです。

レバー式はレバーでロックをかけたり外して調節できるタイプです。

レバー式のほうがワンタッチで調節しやすいので初心者の方にはこちらがおすすめです。


今回のまとめ

登山するときに便利な道具トレッキングポール
収納方法
メリット
ポールの素材
グリップの種類
便利な機能

スポンサーリンク