登山のリュック選びのポイント

rikku

【サイズ選びの基準】

登山 に欠かせない リュック バックパックザックとも呼ばれています。登山とひとことで言ってもいろいろなパターンがあります。
ハイキング程度の日帰り登山。山小屋1泊の登山。テント泊の登山。さらに季節によって持ち物も変わってきます。

昔はテントやストーブなどの装備一式を詰め込むと、荷物の容量はすぐに70リットル、80リットルになっていましたが、現在ではギアやウェアなどが驚くほどコンパクトで軽くなっています。その上山小屋も装備や充実したサービスをうまく利用することで、荷物の軽量化が実現できます。

サイズ選びの基準としては、夏の日帰りハイキングには20~30るリットル、山小屋1泊程度の登山には30~45リットル、テント泊では少なくとも45リットル以上のバックパックを目安にするとよいでしょう。


【登山リュックは機能が重要】

登山のバックパックは容量だけではなく、機能がとても重要になってきます。より軽量性を求めたもの、丈夫さを追求したもの、細かな収納

にこだわったモデルなど、それぞれのスタイルにあわせたバックパックがあります。さらにバックパックを選ぶ時に注意したいのがフィット感です。

バックパックのもついろいろな特徴や機能を最大限に活かすためにも、体にぴたりとフィットさせることがとても大事です。

まず自分のサイズを知ることから始めてみましょう。


【自分に合うサイズを知る】

まず、必要なのは背中の長さです。首の付け根(首を前に曲げた時にポコっとでる骨の位置)から腰骨の最上部までの長さのことで、その数値でS、M、Lのサイズが決まります。

メーカーによってはバックレングスと呼んだり、トルソーと呼んだりします。

購入するとき、必ず店員さんに測ってもらいサイズを確認するようにしましょう。バックレングスを確認し、自分に合ったサイズを購入したいですがバックパックの中にはバックレングスを自由自在に伸ばしたり、縮めたりできるモデルもあります。


【収納は充実しているか】

登山をしていると、汗をかいたり、のどが渇いたり、ストックが必要になったり、不要になったり、状況はしょっちゅう変わります。その都度、立ち止りリュックを降ろしていてはかなり時間のロスになりますので、歩きながら手を伸ばしいろいろなものを出したりしまったりできるような、小さい収納ポケットがポイントになります。また行動食もすぐに取り出せる場所にあると助かりますので、シュミレーションをしながら、バックパックを選びましょう。


【ウエストベルトの必要性】

登山用のリュックはウエストベルト付がほとんどです。これは重たい荷物を肩だけでなく腰も使って背負う為のもので、ウエストベルトがあると体に伝わる重さが分散され、歩行の手助けになります。

ウエストベルトが分厚くて暑い、しかも邪魔だ。という方は薄くてもしっかり角度や位置が巧みに計算されていてしっかり腰をホールドしてくれるものもあります。


【登山リュックのレインカバー】

登山に行くのにレインウエアは必需品ですが、リュックが濡れないようにするためのレインカバーも必要です。

別売りのものでもいいのですが、いざという時どこにしまったかわからない、なんてこともありますので、バックパックに内蔵されたモデルを選べば、初めからレイインカバーの収納場所が決まっているので、とても便利です。


【まとめ】

登山リュックを選ぶ時はサイズ、防水性、軽量性、収納力、耐久性などさまざまなことを考慮し、ショップで試着し吟味して決めましょう。

リュックの背負い心地や使い勝手が悪いと、登山の快適度や疲れ方に大きな差がでてきますのでとても重要なことなのです。

スポンサーリンク