登山用の地図を読めるようになるポイント!

tozann-tizu

一言で 地図 といっても色々あります。地球儀も地図です。地図帳、街の案内図、誘導図、避難経路図、災害マップ、観光地図、海図など全部地図です。

それぞれ使用する目的があります。

登山 では地形図という地図を使います。地形図は国土地理院というところから20万分の1、5万分の1、2万5千分の1の縮尺の地図が発行されています。これは基本図というもので地図作成の基になるものです。


【地形図とは】

2万5千分の1の縮尺の地図は地形上の1cmがその2万5千倍の実測250mを表します。ということは地図上の4cmが実測1kmです。
                 
地図上には色々な記号が使われています。これも憶えておきましょう。     
まず曲線で描かれた等高線と標高を表す3角点や標高点です。等高線は太い線で表される計曲線とその間にいくつかの細い線の主曲線があります。                
2万5千分の1の地図では主曲線は10mおき、計曲線は50mおきに描かれており、標高を測りやすいようにしてあります。
                      
他にも針葉樹林帯や広葉樹林帯、ハイ松とか、荒地の記号、送電線や崖や岩場、窪地の記号、滝とか万年雪などの記号が描かれています。            
そして登山道、山小屋、避難小屋などの建物の記号も表されています。

他にも色々な記号が描かれていますので、一度地形図を入手して学習してみてください。


【地形図の読み方】

地形図の役割は山で迷子にならないように、迷わず目的地に行ける案内役です。 地形図には等高線と登山道が表わされています。この等高線と登山道の関係を知ることが地形図を読むことになります。

平坦なところ、傾斜のあるところ、を見る。等高線はその地点の標高と標高の水平方向の広がり、それがいくつも重なりあって、山や谷を表しています。     
どこが山頂か、尾根か、谷か、標高はどのくらい、かが分かります。      

地図は2次元で描かれていますから、これらの見方を知ることにより3次元の立体図の形が頭で想像できるようになります。

そして今どこに居るのか、どの方向の道をたどれば目的地にいけるか、などの情報が得られます。


【山で危険なこと】

山には色々な危険が潜んでいますが山の知識や経験不足もその内の1つです。地形図を正確に読む力も知識で非常に大事です。自らの身を守るカギになるものですのでしっかり学習しておきましょう。                      
他にも山の危険は体力不足、登山技術の未熟、山の知識不足、天候の変化などもあります


【登山用GPS地図】

最近では初心者の人でもGPSを使う人が増えてきました。地図とコンパスがあれば事足りますが、GPSではもっと簡単に現在地の確認ができます。          
GPSにも今では色々なものがありますが、数万円もする例えばガーミンなど本格的な登山用GPSから、スマートフォン用のGPSアプリ、iPhon用のDIY GPSというアプリまでたくさん出ています。                          
GPSのアプリが入っているから地図とコンパスは要らないということではなく、バッテリーが切れたり、破損したりした時のために必ず持っていきましょう。


今回のまとめ

登山用の地図は読めるようになるポイント!
地形図とは
地形図の読み方
山で危険なこと
登山用GPS地図

スポンサーリンク