竿を使わない?ウナギ釣りの探り仕掛けの紹介

unsgi-sikakeウナギ釣り というとリール竿を使いポイントに 仕掛け を投げ込みアタリを待つというのが一般的な釣り方です。

この釣り方ですと橋げたのような一級ポイントに岸から仕掛けを飛ばせますし竿に鈴をつけて、うなぎが釣れるのを座ってじっくり待っていれば大丈夫です。

ここでは、よく紹介されるうなぎのリール釣りに加えて、「お手軽うなぎ釣り」を紹介しましょう。


用意する道具

リールの糸がからまってうまく投げられない、竿が折れてしまった、そういったトラブルとは無縁で、低予算で道具が揃います。

缶を使った釣り

用意する物

  • 500ミリリットル以上のサイズの空き缶(ペットボトルでも)
  • 釣り糸
  • オモリ
  • ハリ

とてもシンプルな釣り方です。用意する物の詳細は下記の通りです。

ハリ

うなぎ用のハリを使ってください。
他の魚用のハリを使うと釣り上げる途中で逃げられることがあります。
うなぎ用のハリは、釣具店で買い求めることができます。

糸に直接結ぶことが難しい場合はハリス(糸)つきのハリを買ってください。

それほど値段は変わりません。

近所に釣具店がない場合はうなぎハリで検索してインターネット通販を利用してもよいでしょう。

釣り糸 

3-4号のナイロンの釣り糸が適しています。

大きなサイズのうなぎもこれで大丈夫。

障害物が多いところでは摩擦に強いPEラインが適しています。

2号程度がちょうどいいでしょう。

PEラインは高価なため、ナイロンラインで代用してもかまいません。

ナイロンラインは伸縮性に優れ釣り竿に相当する衝撃を吸収する部分がないこの釣りでは、ナイロンラインはうなぎを取り込む際に衝撃を和らげてハリ外れを防止します。

エサ
  • ミミズ
  • 魚の切り身
  • 皮なしウィンナー

などが買えるエサの中で非常に効果のあるものです。ハリにしっかりとつけてください。

うなぎが普段食べているもの(テナガエビ、鮎)は、非常に効果を発揮するエサです。入手できる場合は是非使用してみてください。

オモリ

ナス型オモリといわれるオモリを使います。 流れのあるところでは、8-10号 淀んだところでは6-8号を使います。

底にひっかかって回収できなくなる場合がありますので、仕掛けの数に加えて予備を数個携行してください。

ナスオモリは、夜光塗料コーティングしてある高価なものでなく、安価な鉛のもので十分です。


ウナギの釣り方

  1. ナイロンの糸を釣り場の距離にあわせて缶に巻きつけます。
  2. 25-40メートルで十分でしょう。
  3. ナイロン糸の先端から、20-30センチほどの部分にナスオモリを結びつけます。
  4. 軽く結ぶのがポイントです。
  5. 障害物にひっかかったときに、自動的に外れるからです。
  6. 糸付きハリを使う場合はナイロン糸(幹糸)とハリ付きの糸(ハリス)の結合部にオモリをあわせてつけてください。
  7. ハリにエサをつけて、缶の底を握り、缶を持ち上げて、オモリがぶらぶらするような状態でポイントに向かいます。
  8. 下から放り投げるように腕を振ると、オモリの重さで、仕掛けが飛んでいきます。

投げ方は難しくありませんが、数回練習すればコツがつかめると思います。

着水したら、糸を巻いて、缶と仕掛けの間にたるみがないように調整します。

缶には水を入れて、300-400グラムの重さは確保しておいてください。

缶を水辺から少し離したところに立てて待ちます。

いくつも同じようにして、缶に仕掛けを結んだものを投入しておけばうなぎがかかる確率がアップします。

うなぎがかかると、缶が倒れます。この音がこの釣りの醍醐味といってもいいでしょう。

他の事を考えていたり、ずっと遠くを見ていたり、そんな瞬間に何の前触れもなく、缶の倒れる音が響きます。

しかも、複数の仕掛けに同時にかかることもあって、そういうときはどの仕掛けからあげようかと頭が真っ白になってしまいます。楽しさで頭が真っ白になってしまうことなど、そうはありません。

一度かかってしまえば、ハリはすぐには外れないので、複数の仕掛けにかかっても、一つ一つ仕掛けを回収していきましょう。

力強いうなぎの引きを感じることができます。

水面近くまで寄ってきたら、手網ですくいます。

そのまま引っこ抜いてもかまわないのですが、大物ほど、水面から引き上げるタイミングでハリが外れることがあります。

うなぎは縦長く、とても元気がよいために、すぐに網から抜け出てしまいます。

深い手網を用意することをおすすめします。

はじめてうなぎを釣り上げたときのアドバイスとしては、うなぎは全身がぬめぬめして、掴んでもすぐに逃げ出してしまいます。

水辺でハリを外そうとして逃げられたり、落水したりすることが多いので、うなぎがかかった仕掛けを持って水辺から十分に離れた上で、軍手をはめて、うなぎをしっかり押さえてハリを外し、クーラーボックスか、ビクにしまいましょう。

なお、うなぎはすぐにバケツから逃げ出しますので、バケツに入れるときはしっかり蓋をしておいてください。

よい釣果を得られることを願っています。


今回のまとめ

竿を使わない?ウナギ釣りの探り仕掛けの紹介
用意する道具
ウナギの釣り方

スポンサーリンク